• WEB予約
  • LINE予約

親知らず治療

親知らず治療

親知らず治療とは?

親知らずの生え方が悪く周囲が不衛生な場合、親知らず周辺の歯茎が腫れることがあります。
これを智歯(ちし)周囲炎といい、疲れなどで体の抵抗力が落ちた時に痛みが出やすいです。

虫歯ができる場合もありますし、歯周病が進行する場合もあります。

 

親知らずの抜歯

抜歯をした方がよいケース

  • 親知らずやその手前の歯が虫歯になっている
  • 斜めや横を向いていて完全に生え切らず、中途半端な生え方をしている
  • 生え方の影響で清掃不良になり、頻繁に腫れや出血を繰り返している
  • 臭いが気になる

抜歯をしなくてもよいケース

  • 骨の中の深い位置に埋まっていて、特に今まで腫れや痛みがない
  • 顎がしっかりしており、歯がまっすぐ生えていて歯磨きもしっかりできる
  • 他の歯(とくに大臼歯)が神経を取っていて状態が悪い
  • 今後他の歯を抜いて親知らずを移植する可能性がある(移植歯として置いておくケース)

 

 

松村歯科医院の治療方針

腫れ、痛みが出ている場合は、麻酔が効きにくいことやさらに腫れやすいことから抜歯を行いません。お薬飲んでもらうことと消毒を行い、消炎処置を行います。

歯磨きがしっかりできていない状態での抜歯は抜いた傷口から感染が起きる可能性があるため、先にクリーニングをおすすめします。

埋まっている親知らずでも、ある程度の抜歯は当院で対応可能です。
CTにて確認し、かなり深い位置にあったり、顎の神経に近接している場合は、近隣の大学病院や病院歯科の口腔外科を紹介しております。

 

松村歯科医院の治療の流れ

  • 1カウンセリング
    ご心配な点、ご不明点は遠慮なくお聞きください。
  • 2レントゲン撮影・検査
    この時点で腫れなどの痛みがある場合は消毒、お薬処方をします。 レントゲン検査の結果、顎の中の神経に近い場合や生え方が骨の中にある場合はCTによる確認をします。
  • 3治療についての説明・抜歯予約
    抜歯に際しての注意事項の説明を行い、ご納得いただけたら次回抜歯の予約をお取りします。
  • 4抜歯
    予約日に抜歯を行います。
  • 5経過の確認
    1週間後にご来院いただき、患部を消毒します。縫っている場合は抜糸を行います。

 

含歯性嚢胞が見つかった場合

治療をするにあたって、まれに含歯性嚢胞(がんしせいのうほう)が見つかる場合があります。
これは親知らずなどの骨に埋まっている歯の成分が袋状になったもので、放置すると次第に大きくなって顎の骨を溶かすので摘出が必要です。

レントゲンで経過を見て、大きくなっているようであれば大学病院にて抜歯が必要な場合があります。

 

よくあるご質問

初診で当日抜歯してもらうことは可能ですか?

基本的には当日の抜歯は行いません。簡単な抜歯で、時間が取れる場合は抜歯することも可能です。

 

親知らずが4本ともあります。4本すべて1日で抜いてもらえますか?

あまりおすすめはしていません。 抜歯後、左右とも痛くなったらお食事ができないかもしれません。 上下の親知らず2本や、上の親知らず左右2本を同時に抜歯することはあります。

 

抜歯は痛いですか?

しっかり麻酔を効かせて行いますので、基本的には痛みなく抜歯を行います。 抜歯後は麻酔が切れてくると痛むので、鎮痛剤を服用していただくことで痛みを和らげることができます。

 

抜歯後の痛みはどれぐらい続きますか?

人によりますが、通常の良好な治りをしていても、長い場合は2週間程度鎮痛剤を服用しないと痛む場合があります。

 

以前、顎の神経と近いから抜歯できないと言われたのですが、松村歯科医院では抜いてもらえますか?

ケースバイケースです。 大掛かりな骨の削合が必要と判断した場合は、全身麻酔が可能であったり入院施設のある近隣の口腔外科をご紹介しております。

 

抜歯後は腫れますか?

上の親知らずの抜歯ではあまり腫れません。下の親知らずで歯茎の中に埋まっていて切開したり、骨・歯を削る必要のある場合は、腫れる可能性があります。大抵は2日から3日がピークで、後は徐々にひいていき時間が経てば必ず治ります。