• WEB予約
  • LINE予約

大人の歯科治療

虫歯治療

虫歯とは?

虫歯は酸によって歯が溶けて穴が空くことです。

初期の段階においてはほとんど痛みを感じることはありませんが、自覚症状が出てきた頃にはすでに虫歯が進んでいることも多いです。

虫歯の症状

  • 甘いものや冷たいものがしみる
  • 空いた穴に食べ物が挟る
  • 食事のときにものを噛むと痛い

虫歯の原因

  • 糖を餌に細菌が産生する酸
  • お酢や柑橘類のフルーツなどの食物に含まれる酸
  • 食いしばりから起こる歯のひび割れ
  • 歯磨きの磨き残し

虫歯を放置すると?

歯に穴が空き、とくに硬いものを噛んでいるわけでもないのに突然歯が欠けることがあります。

さらに進行すると、歯髄炎という歯の神経(歯髄)への感染を起こし、神経を取る治療が必要になります。

 

松村歯科医院の虫歯治療

治療の方針

虫歯の治療は原因を追求して取り除き、治療の繰り返しにならないようにすることが大切です。

今ある虫歯を単に削って埋めただけでは、将来また同じような治療を繰り返す可能性が高くなります。同じ治療を繰り返せば歯が弱ることにつながり、抜歯に至ってしまうケースもあります。

  • 食事が原因なのか?
  • 歯磨きが原因なのか?
  • くいしばりが原因なのか?

さまざまある原因を特定し取り除くことで、治療の繰り返しにならないようにすることを治療の方針としています。

 

初期段階の場合

初期段階ではなるべく経過観察するようにしています。小さい虫歯を治療するために、大きく削ってしまっては本末転倒になります。
進行の遅いエナメル質内の虫歯と判断した場合は、フッ素塗布で歯の強化を行って、メンテナンス時に経過観察を行います。

削って治療するべきかどうかは、人間の目だけでは判断がつきにくいことも多いです。このような場合は「ダイアグノデント」という機械を使用し、虫歯の度合いを数値化することで診断します。

 

症状が進んでいる場合

表面のエナメル質の虫歯が中の象牙質まで進行してしまった場合は、虫歯が残らないように取り除き、詰め物でしっかりと蓋をしていきます。

必要のない箇所を削りすぎないよう、虫歯の箇所を顕微鏡や拡大鏡でよく観察して治療を行っています。

 

症状別の治療方法

初期虫歯

エナメル質(歯の一番表面の硬い部分)までの状態です。
少し溶けた場合でも自己修復(再石灰化)ができますので、初期の段階においては削らずにフッ素塗布やシーラント処置等の予防処置を行います。

 

象牙質にまで進行

エナメル質より歯の内部の象牙質にまで進行している状態です。 この状態まで進むと治療が必要ですが、ほとんどのケースで神経を取る必要はありません。

虫歯の発見には目視だけでは判断できないことも多く、早期に発見するためにはレントゲンによる検査を行います。 詰め物をして治療できますので、治療回数は1〜2回で終わります。

 

歯髄(神経)まで感染

象牙質の虫歯が進行し歯髄(神経)まで感染が進んでしまった状態です。
急性症状が強い場合を急性歯髄炎といい、何もしていなくてもズキズキ痛んで寝られないほどになります。歯の痛みの中でもとても辛い状態の1つです。

治療は神経を取る根管治療が必要で、最終的にはクラウン(被せ物)を被せるため、治療回数は4〜5回かかります。
なるべく神経は取らない方が歯にとって良いので、強い歯髄炎になる前にMTAというセメントを使い、神経を保存する治療で対応できるケースもあります。

 

残根

歯の上の部分が虫歯で無くなってしまい、根っこだけになってしまった状態です。ここまでくると抜歯になるケースが多いです。
ただし抜歯は最終手段として考えており、以下のようななるべく歯を残す治療方法があります。

  • エクストリュージョン:矯正をして埋まっている根っこを引っ張り出す方法
  • 再植:一度抜いて埋め直す方法
  • クラウンレングスニング:埋まっている周りの歯茎を切開する方法

歯の状態、年齢等を考慮して最適な方法をご提案します。

 

つめ物・被せ物

つめ物の種類

コンポジットレジン

保険治療が可能な詰め物で、光を当てると固まるプラスチックの素材です。白色のため目立ちにくく、1回で治療をすることが可能です。

虫歯の大きさが比較的小さい場合に適応できます。

ダイレクトボンディング

素材はコンポジットレジンと同様です。「ラバーダム」というカバーを歯の周りに被せて施術を行うため、お口の中の唾液や湿度による接着不良を防ぎます。

また、顕微鏡による拡大視野で治療を行い、歯の色合わせをきっちり行えます。
歯をなるべく削らずに治療できることが大きなメリットです。

 

被せ物の種類

素材 概要 メリット デメリット 適合制度 保険適用
メタル 銀色(金銀パラジウム合金) 割れない 色が目立つ
金属アレルギーの心配があり
CAD/CAM 強化型のプラスチック 見た目が自然
白くできる
割れたり外れたりすることがある
変色しやすい
プラークがつきやすい
ゴールド 金色 長持ちしやすい
噛む力・食いしばる力が強い方におすすめ
金属のため見た目が良くない
歯科医院によっては金銀パラジウム合金を使用
(金属アレルギーの心配がある)
不可
(自費診療)
セラミックインレー 陶器 色が合いやすい
プラークがつきにくい
噛む力がとても強い場合は割れることがある 不可
(自費診療)

※適合精度 歯と詰め物や被せ物とのつなぎ目のギャップ(合い具合)のこと

 

 

金属アレルギーの方へ

皮膚科でのパッチテストを受けてアレルギーの診断を受けている場合は、診断書をご提示いただくと奥歯にも保険適応のCAD/CAMインレーを適応できる場合があります。

適合と治療の精度を考慮するとセラミックインレーを用いた治療がお勧めです。

 

歯周病治療

歯周病とは?

o-shishubyo1

 

歯周病は、歯を支えている骨が溶けていく病気です。

歯周病菌と呼ばれる原因菌の感染症で、18歳ごろから口の中に感染するといわれています。

 

歯周病の症状

歯周病の症状

  • 歯茎からの出血
  • 歯がぐらつく
  • 口臭 など

歯周病の原因

歯周病の原因

  • 喫煙
  • 糖尿病
  • 歯ぎしり など

歯周病を放置すると?

歯がぐらぐらしてきて、噛みにくくなります。最終的には抜けてしまいます。

 

 

松村歯科医院の歯周病治療

精密検査

はじめに歯周病の精密検査を行います。
6点法といい、1本の歯に対して6箇所歯周ポケットの深さの計測します。

検査の結果より歯周病がない場合は、表面についている歯石やプラークの除去します。

 

歯石の除去

歯周ポケットは健康な状態では出血がなく2〜3mmですが、出血があり4mm以上ある場合は歯周病と判断します。

主に歯茎の中に隠れている縁下歯石(えんかしせき)といわれる歯石がついていることが多いです。
その歯石は頑張ってブラッシングをしても自身では取り除けないものなので、衛生士が担当し歯石を取っていきます。

場合によっては麻酔をして歯石を取ることもあります。

 

再検査・メンテナンス

歯石を取り終わった後にもう一度検査を行い、歯茎がしっかり引き締まって歯周ポケットの深さが改善しているかを確認します。
その結果改善して安定していればメンテナンスに移行し、改善を認めない場合は再生療法などの外科処置や、レーザーを用いた歯周ポケット内の感染源の除去を行います。

 

症状別の治療方法

軽度歯周炎

ブラッシングによる適切なプラークの除去を行った後、歯石の除去を行います。

治療は1〜2回で終わることが多く、その後はメンテナンスを行います。

中等度歯周炎

中等度になると歯茎の中まで歯石がついてきますので、歯石の除去が必要です。
深い位置に歯石がついている場合は麻酔をして歯石を取ることもあります。

場合によっては、再生療法などの外科処置を行うこともあります。

重度歯周炎

重度の歯周病の場合は、抜歯が必要になることがあります。
なるべく抜歯をしないように再生療法などの治療で対応しますが、再生療法の成功率もどうしても下がってしまいます。

歯周病は症状がほとんどなく、じわじわ進行していきますので、早期に発見して予防しておくことが大切です。

 

 

親知らず治療

親知らず治療とは?

親知らずの生え方が悪く周囲が不衛生な場合、親知らず周辺の歯茎が腫れることがあります。
これを智歯(ちし)周囲炎といい、疲れなどで体の抵抗力が落ちた時に痛みが出やすいです。

虫歯ができる場合もありますし、歯周病が進行する場合もあります。

 

親知らずの抜歯

抜歯をした方がよいケース

  • 親知らずやその手前の歯が虫歯になっている
  • 斜めや横を向いていて完全に生え切らず、中途半端な生え方をしている
  • 生え方の影響で清掃不良になり、頻繁に腫れや出血を繰り返している
  • 臭いが気になる

抜歯をしなくてもよいケース

  • 骨の中の深い位置に埋まっていて、特に今まで腫れや痛みがない
  • 顎がしっかりしており、歯がまっすぐ生えていて歯磨きもしっかりできる
  • 他の歯(とくに大臼歯)が神経を取っていて状態が悪い
  • 今後他の歯を抜いて親知らずを移植する可能性がある(移植歯として置いておくケース)

 

 

松村歯科医院の治療方針

腫れ、痛みが出ている場合は、麻酔が効きにくいことやさらに腫れやすいことから抜歯を行いません。お薬飲んでもらうことと消毒を行い、消炎処置を行います。

歯磨きがしっかりできていない状態での抜歯は抜いた傷口から感染が起きる可能性があるため、先にクリーニングをおすすめします。

埋まっている親知らずでも、ある程度の抜歯は当院で対応可能です。
CTにて確認し、かなり深い位置にあったり、顎の神経に近接している場合は、近隣の大学病院や病院歯科の口腔外科を紹介しております。

 

松村歯科医院の治療の流れ

  • 1カウンセリング
    ご心配な点、ご不明点は遠慮なくお聞きください。
  • 2レントゲン撮影・検査
    この時点で腫れなどの痛みがある場合は消毒、お薬処方をします。 レントゲン検査の結果、顎の中の神経に近い場合や生え方が骨の中にある場合はCTによる確認をします。
  • 3治療についての説明・抜歯予約
    抜歯に際しての注意事項の説明を行い、ご納得いただけたら次回抜歯の予約をお取りします。
  • 4抜歯
    予約日に抜歯を行います。
  • 5経過の確認
    1週間後にご来院いただき、患部を消毒します。縫っている場合は抜糸を行います。

 

含歯性嚢胞が見つかった場合

治療をするにあたって、まれに含歯性嚢胞(がんしせいのうほう)が見つかる場合があります。
これは親知らずなどの骨に埋まっている歯の成分が袋状になったもので、放置すると次第に大きくなって顎の骨を溶かすので摘出が必要です。

レントゲンで経過を見て、大きくなっているようであれば大学病院にて抜歯が必要な場合があります。

 

よくあるご質問

初診で当日抜歯してもらうことは可能ですか?

基本的には当日の抜歯は行いません。簡単な抜歯で、時間が取れる場合は抜歯することも可能です。

 

親知らずが4本ともあります。4本すべて1日で抜いてもらえますか?

あまりおすすめはしていません。 抜歯後、左右とも痛くなったらお食事ができないかもしれません。 上下の親知らず2本や、上の親知らず左右2本を同時に抜歯することはあります。

 

抜歯は痛いですか?

しっかり麻酔を効かせて行いますので、基本的には痛みなく抜歯を行います。 抜歯後は麻酔が切れてくると痛むので、鎮痛剤を服用していただくことで痛みを和らげることができます。

 

抜歯後の痛みはどれぐらい続きますか?

人によりますが、通常の良好な治りをしていても、長い場合は2週間程度鎮痛剤を服用しないと痛む場合があります。

 

以前、顎の神経と近いから抜歯できないと言われたのですが、松村歯科医院では抜いてもらえますか?

ケースバイケースです。 大掛かりな骨の削合が必要と判断した場合は、全身麻酔が可能であったり入院施設のある近隣の口腔外科をご紹介しております。

 

抜歯後は腫れますか?

上の親知らずの抜歯ではあまり腫れません。下の親知らずで歯茎の中に埋まっていて切開したり、骨・歯を削る必要のある場合は、腫れる可能性があります。大抵は2日から3日がピークで、後は徐々にひいていき時間が経てば必ず治ります。

 

メンテナンス

メンテナンスとは?

メインテナンス

 

メンテナンスは虫歯治療を終えて歯ぐきの状態が安定している患者さまが、その後もずっと良い状態を保っていただくために受けていただくものです。

「痛い」や「しんどい」といったことはありません。スッキリと気持ちよくなっていただけます。

 

松村歯科医院のメンテナンス

メンテナンスの方針

 

当院の理念は「今までにないような優しい歯医者さんを目指します」です。この理念を大切に、スタッフも先生も優しく皆さまをお迎えします。

歯をうまく磨けていないから怒られる……なんてことは一切ございません。安心して通院していただければと思います。

 

メンテナンス内容

カウンセリング

所要時間60分

当院のメンテナンスは60分でしっかり時間をとっています。

歯周病の検査

歯周病の検査

毎回しっかり歯周病の検査を行ってから施術に移るので、口内環境の細かい変化を気づくことができます。
毎回結果はお伝えしますので、患者さまも感覚ではわからないお口の健康状態が分かります。

歯科医師チェック

歯科医師によるチェック

毎回歯科医師によるチェックも行なっております。気になることがあれば先生に相談してください。

歯科医師レントゲン

レントゲンによる確認

年に一度はレントゲンによる確認も行います。

歯科衛生士

歯科衛生士によるメインテナンス

当院の衛生士は歯石除去の技術向上のため、経験豊富な衛生士の講師による研修を受けております。安心してメインテナンスをお受けください。

歯医者待合

継続のための次回予約

お帰りの前に次回のメインテナンスの予約もお取りいただけますので、継続して通っていただけます。
もちろん保険診療で受けていただけます。

 

メンテナンスの流れ

 

  • 1お体・お口の状態の確認
  • 2歯周病の検査・プラークの染め出し
  • 3ブラッシング

    歯磨きのプロ(衛生士)によるブラッシングで残っているプラークを落とす

  • 4超音波洗浄

    部分によってはスケーラを使って歯石の除去

  • 5フロス
  • 6歯の表面の研磨でツルツルに
  • 7仕上げ磨き
  • 8うがい薬で洗口

    虫歯になりやすい方はフッ素塗布

  • 7歯科医師によるチェック
  • 8次回予約

 

歯を白く、美しくしたい方へ

当院の分院PINOでは着色除去やホワイトニングを専門としております。

普段のメンテナンスだけでは着色除去やホワイトニングはできませんので、こちらも合わせて受けていただくとよりきれいな白い歯になっていただけます。

 

 

入れ歯製作

入れ歯とは?

入れ歯は、なんらかの理由により歯が欠損してしまったところに装着する、取り外し可能な歯のことです。もとの歯が1本もない場合は総入れ歯を、一部残っている場合は部分入れ歯を装着します。

総入れ歯は引っ掛けるところがないので、吸盤のような働きでくっつけます。部分入れ歯は残っているもとの歯に金具を引っ掛けて使用可能です。

またインプラントを支えに使った入れ歯で、インプラントオーバーデンチャーというものもあります。

 

入れ歯の種類

コンフォート

「入れ歯が硬いのが嫌」という方向けに、入れ歯の内面の歯茎と接触する部分に柔らかいシリコーンを貼り付けた入れ歯です。

 

メリット 内面が柔らかい素材でできており、歯ぐきが傷つきにくいです。
デメリット 内面の柔らかいシリコーンの部分が白っぽくなることがあります。
専用の洗浄剤の使用をおすすめしています。
費用目安 40万円〜
耐久性(5段階) 4
見た目の美しさ(5段階) 4

 

金属床

金属を使った入れ歯で、金具の形態も歯に負担をかけにくいものになっています。

 

メリット 入れ歯を薄く作れるので口の中の違和感が少ないです。
歯に引っ掛ける金具の形態がしっかりしているので、入れ歯を入れた後の調整も少なく済みます。
他の歯が抜けてしまった場合も追加修理できるので、長期間使っていくことができます。
デメリット 金具が見えることが気になる方がいらっしゃいます。
見えにくい位置に金具を設定することが可能です。
費用目安 40万円〜
耐久性(5段階) 5
見た目の美しさ(5段階) 4

 

ノンクラスプデンチャー

金具を使わない入れ歯です。

 

メリット 入れ歯を装着しているが目立ちにくいので、見た目が良いです。
デメリット クラスプの調整はしにくく、修理などの対応ができないことがあります。
費用目安 1歯 15万円〜
耐久性(5段階) 3
見た目の美しさ(5段階) 5

 

インプラントオーバーデンチャー

インプラントとくっ付けるタイプの入れ歯です。

 

メリット 入れ歯が外れにくく、食事しやすい。
デメリット 外科処置が必要です。
糖尿病や骨粗鬆症のお薬を服用されている場合は、適応できないことがあります。
費用目安 50万円〜
耐久性(5段階) 5
見た目の美しさ(5段階) 5

 

入れ歯制作の流れ

  • 1型取り
    お口の中の型取りを行います。
    欠損している部分が片側にしかない場合も、型取りは上下とも行います。
    そのあと模型を作り、入れ歯の原型を製作します。
  • 2咬合採得(噛み合わせの決定)
    噛み合わせを決めます。
    欠損部分だけでなく、お口全体の状態を調べながら噛む位置を調整していきます。
  • 3入れ歯の設計・制作
    噛み合わせを再現する器械により、入れ歯を設計します。
    その後歯並びや色合いを見ながら入れ歯を製作していきます。
  • 4試適
    必要に応じて、完成前段階のもの試しに合わせて適合を確認します。
  • 5完成
    出来上がった義歯を装着します。
    違和感のある部分は再度調整したり、入れ歯の使用方法についてもご説明します。
    使用開始後も痛みや違和感のある場合は再度調整を行いますので、遠慮なく教えていただければと思います。

 

よくあるご質問

Q. 入れ歯はどれぐらい持ちますか?

A. 入れ歯の種類によります。

金属床義歯は作りがしっかりしているので、長期間使用していただいている患者様が多いです。当院でも2〜30年前の入れ歯を修理しながら、自分の体の一部として使っていただいている方がたくさんいらっしゃいます。

 

Q. 入れ歯を入れたら喋りにくなったのですが、慣れますか?

A. 慣れることが多い一方で、やはり慣れない方も一定数いらっしゃいます。

極力薄くて違和感の少ないものですと金属床義歯がおすすめです。

 

Q. 入れ歯を作るのにどれぐらい期間と回数がかかりますか?

A. 残っている歯の数と入れ歯の範囲によって変わります。

範囲が小さいものであれば1回、約1週間です。
範囲が大きな場合は4〜5回、1ヶ月〜2ヶ月かかります。

 

Q. 入れ歯の金具が緩んできて外れやすくなってきたのですが、自分で調整してもよいでしょうか?

A. 歯科医院にお越しください。

金具は折れてしまったり、曲がりすぎてしまうと戻せなくなる場合があります。不具合のあった場合は歯科医院で調整していただくようにお願いいたします。

 

Q. 入れ歯は寝るとき外しますか?外しませんか?

A. ケースバイケースです。

入れ歯の範囲が小さく、残っている歯がしっかりしている場合は外してください。
入れ歯の範囲が大きい場合は残っている歯の保護のため、就寝時も入れ歯をつけるのがおすすめです。

就寝時については担当の歯科医師、または歯科衛生士に相談していただけると確実です。