• WEB予約
  • LINE予約

入れ歯製作

入れ歯製作

入れ歯とは?

入れ歯は、なんらかの理由により歯が欠損してしまったところに装着する、取り外し可能な歯のことです。もとの歯が1本もない場合は総入れ歯を、一部残っている場合は部分入れ歯を装着します。

総入れ歯は引っ掛けるところがないので、吸盤のような働きでくっつけます。部分入れ歯は残っているもとの歯に金具を引っ掛けて使用可能です。

またインプラントを支えに使った入れ歯で、インプラントオーバーデンチャーというものもあります。

 

入れ歯の種類

コンフォート

「入れ歯が硬いのが嫌」という方向けに、入れ歯の内面の歯茎と接触する部分に柔らかいシリコーンを貼り付けた入れ歯です。

 

メリット 内面が柔らかい素材でできており、歯ぐきが傷つきにくいです。
デメリット 内面の柔らかいシリコーンの部分が白っぽくなることがあります。
専用の洗浄剤の使用をおすすめしています。
費用目安 40万円〜
耐久性(5段階) 4
見た目の美しさ(5段階) 4

 

金属床

金属を使った入れ歯で、金具の形態も歯に負担をかけにくいものになっています。

 

メリット 入れ歯を薄く作れるので口の中の違和感が少ないです。
歯に引っ掛ける金具の形態がしっかりしているので、入れ歯を入れた後の調整も少なく済みます。
他の歯が抜けてしまった場合も追加修理できるので、長期間使っていくことができます。
デメリット 金具が見えることが気になる方がいらっしゃいます。
見えにくい位置に金具を設定することが可能です。
費用目安 40万円〜
耐久性(5段階) 5
見た目の美しさ(5段階) 4

 

ノンクラスプデンチャー

金具を使わない入れ歯です。

 

メリット 入れ歯を装着しているが目立ちにくいので、見た目が良いです。
デメリット クラスプの調整はしにくく、修理などの対応ができないことがあります。
費用目安 1歯 15万円〜
耐久性(5段階) 3
見た目の美しさ(5段階) 5

 

インプラントオーバーデンチャー

インプラントとくっ付けるタイプの入れ歯です。

 

メリット 入れ歯が外れにくく、食事しやすい。
デメリット 外科処置が必要です。
糖尿病や骨粗鬆症のお薬を服用されている場合は、適応できないことがあります。
費用目安 50万円〜
耐久性(5段階) 5
見た目の美しさ(5段階) 5

 

入れ歯制作の流れ

  • 1型取り
    お口の中の型取りを行います。
    欠損している部分が片側にしかない場合も、型取りは上下とも行います。
    そのあと模型を作り、入れ歯の原型を製作します。
  • 2咬合採得(噛み合わせの決定)
    噛み合わせを決めます。
    欠損部分だけでなく、お口全体の状態を調べながら噛む位置を調整していきます。
  • 3入れ歯の設計・制作
    噛み合わせを再現する器械により、入れ歯を設計します。
    その後歯並びや色合いを見ながら入れ歯を製作していきます。
  • 4試適
    必要に応じて、完成前段階のもの試しに合わせて適合を確認します。
  • 5完成
    出来上がった義歯を装着します。
    違和感のある部分は再度調整したり、入れ歯の使用方法についてもご説明します。
    使用開始後も痛みや違和感のある場合は再度調整を行いますので、遠慮なく教えていただければと思います。

 

よくあるご質問

Q. 入れ歯はどれぐらい持ちますか?

A. 入れ歯の種類によります。

金属床義歯は作りがしっかりしているので、長期間使用していただいている患者様が多いです。当院でも2〜30年前の入れ歯を修理しながら、自分の体の一部として使っていただいている方がたくさんいらっしゃいます。

 

Q. 入れ歯を入れたら喋りにくなったのですが、慣れますか?

A. 慣れることが多い一方で、やはり慣れない方も一定数いらっしゃいます。

極力薄くて違和感の少ないものですと金属床義歯がおすすめです。

 

Q. 入れ歯を作るのにどれぐらい期間と回数がかかりますか?

A. 残っている歯の数と入れ歯の範囲によって変わります。

範囲が小さいものであれば1回、約1週間です。
範囲が大きな場合は4〜5回、1ヶ月〜2ヶ月かかります。

 

Q. 入れ歯の金具が緩んできて外れやすくなってきたのですが、自分で調整してもよいでしょうか?

A. 歯科医院にお越しください。

金具は折れてしまったり、曲がりすぎてしまうと戻せなくなる場合があります。不具合のあった場合は歯科医院で調整していただくようにお願いいたします。

 

Q. 入れ歯は寝るとき外しますか?外しませんか?

A. ケースバイケースです。

入れ歯の範囲が小さく、残っている歯がしっかりしている場合は外してください。
入れ歯の範囲が大きい場合は残っている歯の保護のため、就寝時も入れ歯をつけるのがおすすめです。

就寝時については担当の歯科医師、または歯科衛生士に相談していただけると確実です。